人の領域に踏み込んでしまうことを避ける方法?!

Lion Wildlife Zoo Animal Nature  - KathyB-Photos / Pixabay

KathyB-Photos / Pixabay

結局自分のことしか考えていない

何かしらのトラブルというものはほとんどの場合が人間関係が原因です。
人間関係が良好であることがストレスを無くし、展開もスムーズになります。
ただ、今の日本では結構根強い「暗黙の了解」
みたいな変なものが存在しているのは確かです。
しきたりみたいなものですが、良いものもあるのだけれど
押し付けで使う人が多いのが現状で、結局良いしきたりまでもが
厄介なものになっているように思います。
人の脳は変化を嫌う特性があると言います。。
なにかそれに似たような性質のように思います。
グループ一つを脳と考えると何となく見えてきませんか?
そう考えると変化の方法も具体的になりそうです。
しかし、それ以上に厄介なのが自分の欲を満たしている人。
周りにいませんか?
それともあなたが満たしていたりしませんか?
支配と服従の関係になるとそうなりますよ。
自分に対して、YESマンじゃないとおさまらなくなるんです。
おかしな話ですよね?
これを断ち切らないことには対等に意見が言えたり、行動したり出来ません。
一番難しい問題なんでしょうね。
いきなり変わることはできないかと思いますので、
まずは自分自身を変えていくようにするといいでしょう。

Woman Bench Person Relaxing Lake - icsilviu / Pixabay
icsilviu / Pixabay

合わなければ逃げて良し

昔の考え方って、恩を忘れるなという人との繋がりを
大切にすることをメインに考えたりします。
すごく良いことなのに、それにふくっじゅうさせようとする人がいます。
折角、良い教えなのに押し付けると重荷にしかなりません。・
そんな、恩を売るような人は上に立つのは難しいんです。
勘違いしている人は本当にたくさんいるのではないのでしょうか?

そんな人がこびりついている会社やグループからは逃げて良しです。
勘違いしないでいただきたいのは、自分の行動や考え方が
しっかりはっきりとしていての場合です。
仕事も中途半端にしかできていないのに
逃げてしまっていてはどこに行っても通用しません。
そこだけ勘違いしないようにしてくださいね。
「昔の〇〇」「昔は良かった」などと言っている人がいたら
これは要注意な匂いがします。
冷静に判断して自分の生活を守っていきましょう。

そして、人に関心を持ち過ぎて依存してしまわないように
することも大切なことです。
自分の領域には踏み込ませない、他人の領域には踏み込まない。
これを徹底しながら、周りと良い関係を築いていきましょう。
理性を失っている、感情的になっている時に、
領域を超えてしまっている場合がありますので
その辺りも注意していければ良いと思います。

このテーマについては違う角度からも
攻めてみたいと思います。

より良い生活は自分っ自信が動けば必ず手に入れられます。
間違うこともありますが、まずは行動するということから始めていきましょう。

Woman Butterflies Fashion People  - Wangphan / Pixabay
Wangphan / Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です