根元を忘れずに目標達成していく方法 【木の実は本へ落つ】

木に成った実はその木の根元に落ちるという意味で、
物事は全てその元へ帰るものだということ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: A29EED6D-D354-4EB3-8283-2C17DC258F96-1024x768.jpeg

色々なことをやり始めると、色んな知識が必要になり
必ず勉強していかなければいけません。
一つのことをずっとやっている、作業的な人生を送るのは面白くないですよね?
自分自身が進化していかないと人生は面白くありません。
人生死ぬまで勉強というように常に学習が必要なんです。
伸びない人は勉強が足りないだけです。
勉強すればするほど知識が身についてくるので
色んなことにチャレンジすることができますね。
チャレンジしていく上で、「やり方」ですね、途中で色々変わっても
それは当たり前のことであって、何も悪くありません。
やり方が変わって、やりやすくなるのはとてもいいことですね。

このことわざのように、物事の本質は変わらないので、
そこに到達する方法はどううどうう変わっていいのです。
最初に思っていた計画が間違っていたり、勉強不足なところを
今度は経験で補えればいいのです。
そういう風に行動していくのが本来のやり方なのです。
やってみてから違うと感じるからどんどんやり方が変わるわけで、
何も間違ってはいないのです。
経験して、修正してく。この過程が面白くもあり、しんどくもある努力ですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8F1DB2E9-1A6D-4CBC-89C1-545CA71888A1-1024x768.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です