【論より証拠】行動なしで話をするほど無駄な時間はない

話好きで行動しない人

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: CB0ACB58-20B3-442C-810B-B7E46BBFED34_1_201_a-1024x768.jpeg

熱く論じていても、行動にうつさない人って、一体なんなんでしょう?
よくわからない人をたまにお見受けしますが、結局のところ何がしたいのか定まっていないんでしょう。
それでもやりたいことは沢山ある。そして、やる自信がない。
そんなところでしょうか? 一歩を踏み出すことができないんでしょう。
そうなってしまうと、そこから抜け出すのが結構大変だったりします。
そうならないためにも、論じたことについては行動していく癖をつけたいものです。
大きなことや大きな夢を語るのは自由です。でも、語ってばかりでは意味がないですし、時間ももったいないです。
目標が出来たら、それをクリアする方法を考えて、同時に行動しないと、いつまで経っても
口先だけの人で終わってしまいます。
目標を立てたのな、なぜそれがやりたいのか改めて考えることも必要ですし、目標の細分化も必要です。
そうやて、行動メインで考えていきましょう。

行動に失敗は付きもの

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 952F4CB7-762B-4907-9941-3D006F939DCA-1024x473.png

行動して失敗するのは当たり前のことです。
行動することに慣れてきたら、今度は失敗することについても慣れないといけません。
失敗に慣れるのではなく、失敗することを受け入れるということです。
物事は100個取り組んで、1つ成功すれば良いのです。
その1つを見つけるためにあと99個やるわけです。
100個やって1つ見つかるとも限りません。
逆に1つ目で成功することもあるでしょう。
それはそれでありですし、失敗する数が多いほど、しっかりと踏ん張れるというメリットもあります。
なので、まずは行動して、行動した足跡を沢山付けていくのです。
論じながら行動すれば、どんどん進化していく自分自身に出会えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です