人との距離の取り方?!ピントを合わせた付き合い方!

本能で形成される関係性からの距離

それぞれの関係性で距離感は
違ってくるのは当たり前の話ですが、
仲良くなればなるほど
距離感が考えられなくなります。
慣れが起こす失敗につながったりしますので
注意しなければいけません。
気を許せる関係になればなるほど、
突っ込んだ意見が言るようになり
気を使わなくなるということです。
「親しき中にも礼儀あり」
という言葉があるように
気を許せる関係であっても
人としての礼儀を
忘れてはいけません。
それが仕事関係なら
尚更気をつけないと
突然関係がおかしくなったりする
可能性もありますので要注意です。
言葉を選ぶのではなく、
相手のことが考えられているか
ということです。
礼儀を忘れず対応していれば
自然と良い距離感が
形成されていきます。
そういう関係性を
きちんと築き上げれば
変な木を使う必要もなくなり
ストレスのない生活が
送れるでしょう。

自分自身が礼儀をわきまえていれば
自然と距離感は
形成されるということです。

しかし心の距離、接し方の距離、
付き合い方の距離なんて、
具体的には考えることがないので
どうしても難しく考えてしまいがちです。


本能的に距離をとっている


人は自分の好き嫌いで
距離をとったりするのが習慣です。
そして、その距離感を
相手は敏感に感じ取って、
関係性の距離が
形成されていくのです。
嫌われてるなとか
好かれているなとか
そういう類のものです。
相手が自分のことを
どう思っていようが
自分は礼儀さえわきまえて
いれば大丈夫なのです。

好き嫌いという概念を変えるか捨てる。

苦手な人は必ずいるものですが、
好きか嫌いかはあなたの価値観で
本来表に出すべきものではありません。
恋愛の話ではありませんので
お間違えのないようんい。
あえて言えば、
あなた自身にとって
マイナスになる人や
興味のない人については
触れなければ良いのです。
もし関係を続けない時は
その人の良いところだけ
見るようにするのです。
あまりにも被害が及ぶような
関係性なら
その時は離れるべきです。

人と付き合っていく上で
一番大切なところは、
その人の良いところと
付き合っていくことです。
その人の良いところに
ピントを合わせていくのです。
そうすれば自ずと距離感は
自然になり焦点の合った
付き合い方が出来るはずです。

マイナス要素がある人の
悪いところを治そうだなんて
思わない方がいいのです。
大きなお世話ですし
価値観が違うので
トラブルの原因になるからです。

自分にとってマイナス要素がある人

人は見た目で判断されがちですが、
そこにピントが合っている人は
思考を変えた方がいいです。
見た目というのは
自分自身の価値であって
他人にはわからないものですから
それに対して共感や同意を求めては
いけません。
自分自身の感情をコ
ントロールすることが出来れば
人との距離感がうまく掴めて
誰とでもやっていけます。
ピントを合わせるということは、
しっかりとその人を尊重しているか
ということになります。
そうやって人との繋がりを
いつも追い求めることで、
良い出会いが訪れるのです。
自分自身が礼儀を意識して
価値のある人間関係を
築き上げていきましょう。

(更新日:2021/10/6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です