自己発信をするには何から始めるべきなんだろう?

自己発信の目的を考える

発信といっても色々な方法がありますよね?
まず、どんな発信方法があるのか
ピックアップしていきましょう。

  1. YouTube
  2. 音声配信
  3. ブログ
  4. SNS
  5. 路上ライブ
  6. 演劇
  7. 映画

色々ありますが
これらをどう使っていくかです。
根本的になんのためにやるのかを
先ずは考えてみましょう。
必ず発信したい理由があると思います。
公表しなくても構いません。
それを書き出して、自分が見えるところに
張り出してください。
そうすると、自己発信のテーマはぶれません。

発信方法を考えてみる

やはりYouTubeから始めた方がいいのでしょうか。
YouTubeですと、どんな人がやっているのか
一目瞭然ということになりますが
顔出しが苦手な人は
音声配信から始めるのもいいでしょう。

しかしなかなか難しいと思いますので
こういう方法はいかがでしょう。

まず、ブログかSNSで文字配信をします。
その文字配信したものを
音声か動画で配信するのです。
これなら書いた記事がしっかり出来ていれば
配信しやすいですよね?
それに自分の発信したい内容も
しっかりと把握出来ているからです。
なので、先ずはブログやsンsで
静的なコンテンツを作ってみると
土台がしっかりしていきます。

そうなるとやはり一番最初にやる配信方法は
ブログやSNSの文章発信です。
まずは文章を書いてみるのです。

誰に向けて発信しているの?

ただ単に自分の事を発信するのではなく
誰に向けて発信しているのかも考えていきましょう。

そこがはっきりしてくると
自分が何を伝えたいのか明確になるなす。
そして誰かの役に立ちます。
始めは何でもいいのです。
やりながらどんどん修正していけばいいのです。
そして、伝えたいことが見つかれば
それに特化して学習していき
自分のスキルを誰かのために発信するのです。
理屈はわかりましたよね?

配信をするメリット

僕が思う配信のメリットですが
自分の生活意識が必ず変わります。
なぜなら、自分自身の窓を開けて
外から見えるようにしているからです。
自分自身を人に見せているのです。
そしてその情報が他者貢献になるように
自己受容を高めていくからです。
そう考えると、色々学習せざるを得ません。

やめたくなったらいつでも止めればいいのです。
誰も止めることはできません。
ただ、やればやるほど責任はのしかかってきますよね?
っ自分が発信したことに対しては
責任持たないといけないんです。

だから自己発信ができる人は自立していて、
他者貢献ができていて収入になるのです。

チャレンジを楽しもう

記事を書くことを積み上げて
記事というコンテンツを
色んな形に広げていく。
ブラッシュアップしていく。
それが結果につながっていくのです。

一つ一つの行動を大切に作り上げる。
そういうコンテンツが沢山発信されるということは
自分が生きた証をどんどん作り上げている
ということにもなりますよね?
自分自身の発信できるところを惜しみなく
発信してみてはいかがでしょうか。

(更新日 : 2021/10/26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です