人と話をすることの大切さを再認識して人間力を高める

人は1人では生きていけません。

と言う定番な言葉がありますが、当たり前のこと過ぎて
つい忘れてしまいがちです。
しかし、そう深刻に考えなくても良いかと思います。

ただ、自分勝手に人に迷惑をかけたり、
自分の思うようにいかなかったりしたら、
感情的になって人を傷つけたりする人もいます。

何故そんなことになってしまうのでしょうか?

一番に言えることが「人と話をしていないから」です。
会話をすることで、人は成長していくのです。
良くも悪くもです。
いろんな人がいるから当然のことですが、
会話の質も様々です。
そんな色々な会話をしていくから、
刺激をもらったり、感心したり、
時には悲しくなったり怒りが芽生えたりします。

人と会話をすることで喜怒哀楽の感情が生まれ、
人は成長(学習)していくのです。
自分より長く生きている人はもちろんのこと、
自分の知らないことをたくさん知っている人は
星の数ほどいるのです。
人は様々な環境に対応していくためにも、
色んな知識と経験を積むことをしなければいけません。
その大切な積み重ねの一つが会話です。
「最近誰とも話してないな」と思った方は
誰でも良いから話をしてください。
何かが見つかるはずです。

会話から生まれるものをしっかりと受け取る

何も考えずに話す、という行為を
している人は少ないはずです。
何かしら伝えたいことがあるから
人は会話しますからね。

ただ、自分から発信しない人は例外です。

そういう人は会話をしているようでしていないのです。
聞いたことも理解していない場合もあります。
信じられないことですが、
そういう人がかなり生息しているのです。
怖い気がしますが結局はそういう人を
作り出していく日本の環境にも
問題があるのではないのでしょうか?

それでも人は会話をやめてはいけない

会話をすることで、もう一つの重要な事は、
相談や助けを求めたりする事。
自分では解決が出来ないことや、
決められないことを相談するということも
重要な会話になってきます。

人はマイナスなことが起こってしまうと、
マイナスの力に引っ張られて
悪いことを考えてしまいがちになるのです。
そして、最悪な行動に出たりするのです。

そうならないためにも、
人と話をするという事は
本当になくてはならない行為なのです。

良いことも悪いことも全ては会話から

自分から行動していく事を諦めた人たちは
意見を言ったり企画の提案、
団体の利益など全く考えようとはしません。
しかし、会話をしていく中で
興味が湧いたことに対して、
自分からやってみたいと思う事が出てきたら、
思考が変わり自分から発信する
努力をしていくようになります。
会話は人を進化させてくれます。
やはり目指すところは
そういうところなのです。

良い方向に進んでいける道筋を
会話をする事で導けたり、
自ら進んでいけるようになるのです。

会話についてはもっともっと詳細に深掘りしないと
いけない事ですが、この記事では
とにかく「会話する」ということを
おすすめしております。

色んな人と色んな会話を
少しでも沢山できる環境作りを
目指していきたいものですね。
会話から生まれることを
心から感じてみてください。

Processed with VSCO with c9 preset

(更新日:2021/9/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です